2009年04月18日

新記録のこと

マリナーズのイチロー、順当に安打記録更新だそうで。いやほんとに
すごいったら。しかし個人的に本気ですげーなと思ったのは、むしろ
タイ記録の時の満塁ホムーランでございまして、なんつーかWBCの
タイムリーの時もそうだったんだけど(あれは見てる方もイキかけた)、
主人公属性つーかヒーロー属性つーか、そーゆーものを持った人って
実在するんだなと、今回の新記録のニュースでインタビューに答える
彼を見ながら思ったことです。何はともあれ心から祝福を。

話はがらっと変って。

先週辺りからウチの近所でぼちぼちウグイスの声が聞こえ始めまして。
ここ数日で大分綺麗な”ほーほけきょ”になってきた感じ。
posted by H☆ at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月14日

9年目であること

 プ○デューサーさん、9周年ですよ9周年! いやマジで9年目。
開設時に生まれた子が今年で小学……いや考えるまい考えるまいって、
これは記念絵のコメントにも書いたか。それはともかく、このよーな
隅っこまで見に来て下さる皆様におかれましては、心より感謝の念を
捧げる次第。でまたよく続いてるな俺。
 いやまぁ正直な所、続いてきた要因てのが、確固とした意志の
元にってな崇高なものなんぞでは毛頭なく、つまる所「やめなかった」
ってだけの、いささか惰性じみた消極的な理由なのは否めないんです
けども、しかしその一方、どこかで勢い込みすぎると往々にして頓挫
しがちってなことも多々あるし、つまりは惰性であるぐらいが長い間
続けるのにちょうどよろしいのかも知れず、と少々自己弁護。
 にしても停滞中のコンテンツがいくつかあるのは、横着してる間も
時折気になってまして。特にドールとPoser。これが別段飽きたとか
断念したとかでなく、相変わらずちまちま続けてはおるんです。特に
Poser絡みは海底音源関連やらなんやらで何かにつけいじってるし。
しかし、逆にそれがあまりに当り前になっちまうと、かえって自分の
中で表に出したいと思う欲求つーか優先順位が落ちてしまいまして、
結果停滞を招いてると。これが停滞の最大の原因のよーですな。まぁ
その辺、特にドール絡みは、またぞろ(受かれば)夏の準備でてんてこ
舞いになる前になんかするです。わりとマジで。
 さて、そんなこんなで9年目。来年はなんと2桁なんつーふざけた
事態が待ちかまえておりますけども、だからって相変わらず何を勢い
込むでなもなくま〜ったりと、そしてやっぱり隅っこの方でこそこそ
と続けて参る所存。覗きに来ておられる方々におかれましては、また
よろしくおつきあいの程を。

 あ…………ってことは海底音源も9年目になるのか。
posted by H☆ at 22:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月07日

ワタシは帰ってきた……よーな気がすること

|∀・)゛
|∀・*) ぽっ
|彡サッ
|・)゛
|∀・)ノシ

 てなわけで、なんと1年と8ヶ月に渡りほったらかしてたブログを
再開してみたりする春の一日、皆様如何お過ごしでせうか。いや〜、
もうすぐサイト開設9周年ってな時に、いつまーでもほったらかしっ
てのもなんか情けないんで、この際初心に戻ってまた書き始めようと
言う気になった次第。や、実際書くことがなかったとか、書くヒマが
なかったわけじゃないんです。が、一度コミケ後のクールダウン期に
な〜んとなく書くのが億劫になって間を空けちゃった所へ持ってきて、
さらにずるずるとゲームだなんだにかこつけて横着ぶっこいた。そう
でなくても根が不精者なおいらがそんなことするとどーなりますかっ
てーと、案の定「文章を書き続ける習慣」を見事ロスト。んで、気が
ついたら今日に至ってしまったと。この空白をかいつまんで言い訳を
すれば概ねそんな感じ。いやほんと情けない。
 で、直接の原因は前述の通りですけども、今ひとつの理由としては
まとまった量の文章を書こうとし過ぎてたってーのがございまして、
これが何気に億劫になる要因でもあったようで。つーわけでこの度の
再開にあたってはその辺の反省も踏まえて、もちっとお気楽にいきま
しょうと。なんかあったら勢いで書いちまいましょうと。でもって、
短くてもいいからもっと回数増やしましょうと。概ねそのよーな方針
で行って見る所存。つーことで以前書いてた感じとは多少感じが変り、
以前にも増してgdgdになる場面も多々あると思いますけども、お暇が
ございますればたまには覗いてやって下さりやがれ。
posted by H☆ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月26日

コミケにまつわるエトセトラのこと

 さてコミケも終わりまして一週間。アルバム製作やらその間溜まり
まくってた雑事やらコミケの後始末やら、ついでにその間思いついた
ことをだだーっと片づけ、やれやれと一息ついた所で、実に約二ヶ月
と半ぶりの駄文は、コミケッつーか今回の東京行の点景など。

・おいらは煙草を吸う人なんですけども、そんなおいらでもさすがに
新幹線喫煙車の、あのこもった独特な匂いはマジで苦手であります。
今回の上京で席を取った列車が、予約の都合で喫煙車ってことになっ
たんで、その辺りちと覚悟しておったですが、幸い広島発で発車まで
ドアが開きっぱなしだったことから十二分に換気され、おかげで匂い
が全然気にならなくて済んだのは重畳でありました。

・宿に着いてその夜の話。設定温度24度で寒くて寝られないたぁどう
いうこったいと。マジ寒くて何度も目が覚めちゃったよと。26度でも
まだ寒い。広島じゃ結構快適な温度になるハズなんですけども。で、
あれこれ試した結果、28度で最適。これって広島じゃちょっと暑いよ
な〜って温度のハズ。でも我々には適温。暑くも寒くもなく実に快適。
実はコレ、言う所のクールビズ推奨温度なんですが、真夏のクソ暑い
日でも扇風機のみで過ごせるおいらだから平気つーか快適なのかなー
と思ってたら、翌朝、どちらかと言えば冬のほうが好きという相方の
神風。が全く同じ感想を漏らした挙句、広島の28度と東京のそれって
全然違わね?クールビズの28度って要は東京基準じゃね?とか、言い
出したもんで、ああ、おいらだけじゃなかったんだと思うと同時に、
思わず色々納得。で、なぜだろうなぜかしらと考えて出した結論が、
こいつぁやっぱ湿度のせいだと。まぁこりゃ間違いないでしょ。実際
東京から帰還して広島駅のホームに降り立った瞬間、一瞬で体を包み
込む、むあっ〜とした暑さは毎度実感してるしな。(おかげで冬は零度
を割ってもほんのり空気が柔らかい広島ですが)。また町中の夜風なん
て、東京は実に爽やかなことったら。ちくしょうこれは詐欺だと。
そーいや昨日だかTVで、28度なぞ暑くてたまらん。ウチの適温は24度
ですよとかいってるのを見たんですけども、そういう方々は一度瀬戸
の夕凪を体感して頂くとよろしい。いやほんと、マジで東京(あるいは
他県の)の28度がいかに快適か分りますって。

・暑いと言えば当然コミケ会場は暑い。案の定今年の一日目も、もう
なんつーか蒸し焼きになるよーな暑さでございました。そんな中で、
午後になると時々カックン居眠りなんてかましてたおいらですがw
いやほんと、皆様お疲れでございました。

・コミケ会場と言えば、海底音源の配置は一日目だったんですけども、
いつになくスタッフの方々が不審物はないかとマメに声をかけて回っ
てるんで、いつもなら割と放送だけで済ませてるのに変だな、こりゃ
西でなく東だからか?などと、その時は思ってたわけです。で、広島
に帰ってからあれこれコミケ後の感想なんかの情報収集をしてた所、
反対側の東456で、アキバデモ絡みの何やら楽しげ……もとい、ヤバげ
な事が起ってたんですな。いや勘弁して欲しいもんです。ああ言うの
でコミケに迷惑かけるつーか、存続にまで関りかねない真似は。

・我々海底音源はコミケ終了後、大概水上バスで会場から脱出するん
ですけども、これを何年も続けてると、あれ?あの顔去年も見たよう
な。いや確か一昨年もってなことがたまさかあったりする。水上バス
を使うメンツって、割と限られてるのかも。

・今回ベースをここ数年の上野から、諸般の事情で神田にしたんです
けども、神田ってマジで秋葉原に近いのね。事前に地図で確かめて、
近いな〜とは思ってたんですけども、と実にお上りさんらしい感想。
いや個人的には大分前に神田は行ったことあったんですけども、その
時は秋葉原まで行かなかったもんで。ただ、少々歩き回った感想なん
ですけども、神田って案外「飯を食う」所が少ない気もした。でも、
「ヤマダモンゴル」(やっぱ何度見てもすげー名前だ)のジンギスカン
はうまかったことです。割とマジで。

・コミケ後の我々と言えば、まぁお約束として秋葉原界隈をウロウロ
するわけであります。来る度に、や、また大分変っちゃったねぇとか
思いつつ。で、今回個人的に意外な収穫だったのが、実はドール関連
アイテムでなく、マクファーレントイズの些かアレなPVCフィギュア。
主にアレなドロシー(なんかこの冬くらいに27cmサイズになったのが
発売されるらしいんですけども、さすがにそりゃデカすぎるってな
もんで)。数年前になんかの拍子にとあるサイトの写真で出くわして、
「お、ちょっと欲しいなコレ」などと思いつつ、秋葉原に行った際は
それとなく探してたんですけども、なかなか発見できず。それが今回、
ラジオ会館内のあれやこれやの店をウロウロした後、じゃあそろそろ
帰り支度かなって時に、ここを最後と寄った某店でばったり出くわし
たんですな。うむ、なんというか運がよかったことです。

・最後に今回の教訓。
このくらいあれば大丈夫と思っても、何が起るか分ったもんじゃない
ので、やっぱ時間には余るほどの余裕を持って行動した方がいいな(謎

・今回のコミケ前後を通じて、今後の海底音源の有り様について色々
思うことがあったんだけど、それはまた後日。あ、別にやめるとかっ
て話じゃないんですけどもね。

しかしblogでこの手の雑記をやるようになってから、本館のLogが全く
機能してないことに気づく。そーいやあっちはもう二年以上ほったら
かしですな。どーしたもんか。なんかああしたタイプの雑記も役目を
終えた気がしないでもないので、ぼちぼちコンテンツから外すかな?
などと割とマジで。
posted by H☆ at 18:31| Comment(57) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月05日

C72に受かってみること

 さて本館トップでも速報を入れました通り、海底音源8820は今年も
無事に真夏の有明へと出撃できることになったわけであります。や、
今回は1日目だとか東館配置だかなんて、何年ぶりでございましょっ
てな感じであります。実際、西のあのマターリとした感じは結構好き
なんですけども、やはりどことなく隔離されてる気がしないでもない
のが難点(w やっぱ東からちょっと距離があるしねぇ……。
 それはそれとして、e-mailによる通知も当り前になった感があって、
発表当日に速攻で結果がわかるてーのはほんと便利だとは思うですな。
思うですけども、やっぱ現物を手にするまではイマイチ落ち着かない
ってのは、いつまで経ってもなおらんなぁと。いやこりゃもう致し方
ないかも。
 そして今回何が奇跡って、超獰猛なブラックホールの徘徊する神風。
の部屋で、一度ロストした支払票が再発見されたことかも(・∀・)。
この一件のおかげで、今回の手続担当の神風。が割とギリギリで検索
登録に成功したわけで、発表当日に結果を知ることができたわけです
けども、大体奴の部屋はわずか十数秒前「間違いなくここに置いた」
はずのものが、かなりの確率で消失するつーとんでもない場所であり
まして、またその発生率が対象物の重要度やサイズに確実に比例する
っつー非常に難儀な法則(サイズが小さいand/or重要度が高いと消失
する確率が飛躍的に高くなる)がありまして。ええ。いや、よくある
アパートサイズの6畳間なのにな〜(w
 でもって肝心の曲作りはと申しますと、当選を機にさすがに本腰を
入れて始めたですが、今回またぞろいらん企みをしておりますので、
なんかもう見事に首が絞まってる感じも。この企みの詳細は7月中旬
頃ぐらいにサイトの方で発表できたらいいな、と。

 あ〜、なんだかんだの自業自得で首が絞まってるのは毎度のことか。
まぁ、その、なんだ、うん、がんばる〜。 
posted by H☆ at 01:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月17日

さて7年目であること

 え〜、よんどころない事情で創立記念日からちょいと遅れて記念絵をアップ
したわけですが、この「よんどころない事情」中に、創設記念日を勘違いして
おった
、という非常に間抜けな原因が含まれておるのがなんとも情けない今日
この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。
いや、てめぇのサイトなのになんでこんな愉快な勘違いを…… orz

 それはともかく7年目ですよ7年目。'99年前後にあった第一次HP作成ブーム
とでも言うべきものの尻馬に乗っかって……というより若干後追いで始めた当
サイト。基本方針である所の「隅っこの方でこそこそと」で続けてはや7年。
なんか近頃じゃ、田舎にある無人販売所の様相を呈してるよーな気がしないでも
ないですが、まぁ、かえってそれが続けられてる原因だろうな、と思うこと度々。
……当初は結構気合いを入れてたような気もするんだが、うん、記憶違いよね、
きっと(ぉ

ま、まぁ実際身近な所で、同様の時期に始めた友人なんかのサイトも大分閉鎖し
ちゃってるし、現在もちょろちょろと更新が続いてる中では、ウチももう中堅っ
つーよりか古い方の部類に入っちゃってるかもなーと。その間ネット全体の環境
もISDN→ADSL→FTTHと、大きく変化を遂げてるんですな。や、開始時の名残で、
今でもウチはアフィもなければフラッシュもない、ナローバンドに比較的優しい
構成になっております。これは単に要らんもんでゴチャゴチャして、画面構成が
壊れるのが嫌だってのが割と本音ですががが(w

 で、さて今後はどーすんだってことになると、やっぱ「隅っこの方でこそこそ
と」、要は今まで通りだ〜らだらと続いていくわけです。特に止める理由もない
し(w そしてその時々の勢いやら、興味を持ったものやらを無節操にのっけては、
さらに訳の分からないコンテンツ構成になるのであります。ええ。
 あ〜、それで実はちょっと困ってるのが「Log」の扱いでありまして、こうした
その時点の所感やちょっとしたネタなんかをこっちに書くようになったら、もう
すっかり放置状態。実際日付が昨年の6月でばったりと止まってたりなど。
これ、どうしたもんかと。今更サルベージしてブログに転載するようなもんでも
なし、かといって過去の自分の残滓つーか備忘録みたいなもんなので、なんか
消すのも惜しい。やはりここは、どっか出かけたとかコミケのレポートみたいな、
写真をドカドカ入れて、画面構成もブログよりちょっと凝ったことをしたい記事
専用として再利用するのがいいかなと思ってたりすることです。
 
 といった所で、当サイトは相も変わらず隅っこのでこそこそと続いていくわけ
ですが、お暇な方は今後ともよろしくおつきあいの程を。なんか毎回節目ごとに
同じ様なことを書いてる気がしないでもないですががが(・ω・)

……来年は日付を勘違いしないようにしよ……。
posted by H☆ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月04日

風が運ぶもののこと

 …と、一見詩的なタイトルを付けてはいるものの、その実は黄砂。ええ、黄砂
ですよ黄砂。それもごっついの。
や、もう一昨日のことではありますけども、こっちの方でもほんと今までの中で
こんなの記憶にねぇぞてなくらいの黄砂でございまして、まさに視界は真っ白。
なんでも視界3kmだったそうでありますが、一番酷い時の体感じゃもっと落ちてた
ような気もする。なんたって、いつも通る跨線橋からくっきり見える近所の山が
見えない。そこから2kmばかり進んだ橋の上からでも、まだぼんやりとしか見え
ない。広島市近郊の沿岸部では一番高い山なはずなんですけども。またおかげで
な〜んとなく目が重たい感じ。もうね、こんな有り様じゃ大陸の方はどんな惨状
なんだろなと。いくら春の風物詩とはいえ、やはりぼんやり霞む程度で済ませて
おいてほしいもんです。ええ。

 ついでに風つながりでもひとつ。大自然からいきなり金属の箱の中の話。
実は今年一月の末にPCが突然轟音を立て始めまして、原因はケースの後方排気用
ファンと、サイドカバーについてる排気ファンの2個。3年前にケースを買った
時、元からついてたメーカーもよくわからんよーな奴でありまして、昨年秋辺り
から時折ビリつき音を立てたりして前兆はあったんですけども、こいつが遂に
ヘタレたのでありますた。で、まだ寒いことだしそう気にすることもないよな、
電源の排気ファンもあるし〜ってなもんで、ファンの電源コネクタを両方とも
外してサイドカバーを開けてってな程度で誤魔化してたんですな。内部やCPUの
温度も大して変化なかったし。や、随分静かになったぜってなもんで。
しかし春の声を聞き始め、気温も上がってくるとさすがに内部&CPU温度が上昇。
これからの季節のことを考えると、やはり今の内にきちんとして置いた方がいい
なってんで、件のケースファンをとっぱらって新しいのに付け替えたわけです。
でもってついでに内部の掃除。と、すっきりした所で久しぶりにケースのサイド
カバーも閉じてPC起動。温度をみると……あり?33度?さっきまで41度なかった
か?(註:P4-2.8G Northwoodなので今頃なら少々負荷をかけてもこんなもん)
やはりエアフローは重要であったというお粗末。横着しないでもっと早くに交換
しておけよって話。いやしかしここまで劇的に違うかね。違うもんなのね。

でもまた若干うるさくなったぞおいらのPC、と。
posted by H☆ at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年03月18日

わかっちゃいたけど結構ショックを受けること

 うは、気がつきゃすっかりテキスト方面は放置しておりましたが、そこはそれ
日々是平穏特にネタもナシ。無理して書くほどのネタもなかったよなぁ、と……
いや実はなんやかやでずっと後回しになってただけですが(w

 でもって今回何にショックを受けたかと申しますとモニタ。いや2号機用なん
ですけども、こいつがもう10年選手どころじゃないロートルCRTでありまして、
デフォのコネクタがPC98規格。最初に繋いだのがPC98Ap2(まだ持ってたりする
ですが)って辺りでその古さがご理解頂けるかと思いますけども、もうさすがに
高解像度だと周辺部ボケボケ、15インチだから今時じゃ狭くてかなわんと。また
こいつは秘蔵の実働可能PC88FAにも繋がる貴重なシロモノ。マジで使えなくなる
前に退役させといた方がいいよなってことで、この程液晶モニタに交換したわけ
ですよ。まぁ2号機のことなんであまり結構なもんである必要もなかろってこと
で、2万前半台つー廉価な17インチ液晶でありますが(もうちょっと出せば19なん
だけど、サブがあまりデカいのもなってんで17にしたの)。
 で、CRTとどのくらい違うんだろなと思って、デフォだとやたら明るかった輝度
だけ軽く調整した後、とりあえず自分の絵とか表示してみたわけです。そしたら
色合いが結構違うもんでびっくり。まぁ安物だし1620万色つー疑似フルカラー
だしで、多少は覚悟してたですけども、いやはやここまで違うもんかと。ええ。
液晶ってだけでなくメーカー特性もあるだろうけど。メインで使ってる1号機の
モニタはプロファイル調整してあるCRTなもんだから、余計に差異がでかく感じ
たりするわけで。してみるとおいらの絵を見てくれてる方々もホントに千差万別
の見え方をしてるんだろーなと。や、頭ではわかっちゃいたんだけど、体感して
みると改めてちょっとしたショックだったわけですな。
う〜む、何年か先に1号機のモニタを換えなくちゃならなくなった時は、間違い
なくCRTなんて絶滅してるだろうから、やはりいい奴にしなくちゃなぁ……。

 しかし色の幅とか深みってことからすると、CRTは偉大であったなとしみじみ。
posted by H☆ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年01月04日

さて、2007年であること

 え〜、色々ございましてなんと三が日も過ぎてからのご挨拶になってしまいま
したが、皆様明けましておめでとうございます。本年も当Nontoxicをてきとーに
宜しくお願いいたしたく。
なんか旧年中は、もう勘弁してクダサイってくらいヲタ的に厳しい方々の訃報が
相次ぎますたが、今年はそんなことののない平穏な年であって欲しいものであり
ます。いや、個人的には正月早々厳島神社のおみくじで、凶を引くなんてわりと
アレな出だしだったですけども、その担当の娘さんやお守り売ってた所の娘さん
(勿論巫女装束着用。因みにワタクシは巫女服という呼び方ではなく、この巫女
装束という呼称を強く推奨するものである(ぉ)、さらには大聖院の売り子さんが
結構可愛くて眼福であったことと、山一の牡蛎がおいしかったので良しとする。
するったらする(・∀・)

 ま、まぁそれはさておき、一方当Nontoxicはと申しますと、前半こそそこそこ
動きはしたものの、案の定コミケ当落発表からこっちがっくりペースが落ちちゃ
いまして、あれやこれややるぞーと言ってた割にはほとんど達成できず、何気に
やるやる詐欺状態に陥ってたりなどしたわけで、なんとも忸怩たるモノが。
まぁその典型が版権絵とコミケレポなんですけども、コミケレポの方は昨秋のHDD
トラブルに巻き込まれて写真の大半が吹っ飛んじゃって、気力値大幅マイナスに
なっちゃったからってのがあるですけども。そのあおりでLogもすっかりさぼり気味。
版権絵の方はもう言い訳も出来やしねぇですな。またPoser関連も延び延びにし
ちゃってるしなぁ。い、いやそれでも7年近くやっててこの更新ペースはマシな方
ではないかと自己弁……はい、もちょっと善処します。

 ともあれ、Nontoxicは今年も無駄にしぶとく、相も変わらず隅っこの方でこそ
こそやっていくですが、皆様におかれましてはお気の向かれた時にでもこっそり
とお運びの程を。
そして末尾ながら、皆様にとって今年がよい年でありますように。
posted by H☆ at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月25日

ここに来てさらに絶句すること

ぐぁぁぁぁ……ここへ来て今度はJBかよ……・゚・(ノД`)・゚・
神様、もう勘弁してクダサイ……。
つい先日は青島幸男、岸田今日子、カンニング・中島と立て続けに訃報が続いた
悪日だったし。なんかもう今年はショッキングな訃報が多すぎ。
また特に今年の特徴として、一つのエポックだった方々のそれが多かったなと。

ともあれ、歳を経てもパワフルでやんちゃな悪オヤジだったKingに合掌。
posted by H☆ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記