2009年04月21日

椿薫のこと

 いや、「窓際太郎の事件簿」シリーズなんですけどもね。前の日に
放送があって見ておったわけです。実はわりと好きでやってたらつい
見てるもののひとつなんですが、終盤の水戸黄門的展開とか、所々に
挟まれる小ネタやお約束などなど、言うなれば安心して見ていられる
タイプの2時間ドラマですわな。

 だがしかぁし!

 このドラマにおける真の見所は椿薫(麻生祐未)であると、ワタシは
強く信じておるわけです。三つ編みに眼鏡、地味なスーツに紺ハイ。
緊張するとすぐあわあわになる一方、何やら使い道のよくわからない
特技や資格を持ってたり、妙な所で現金であったりという、いささか
ステレオタイプではありますけども、個人的には実に大好物なキャラ
設定。設定年齢はどーも30過ぎのような描写があった気もしますが
(麻生自身もう40過ぎだよなぁ)、いやもうそんなの関係ねぇ。暴走
気味と言ってもいいほどの演技と相俟って、ほんとにこれ3次元か?
実はCGじゃないのか? ってなキャラになっておるのであります。
いや実際あんなのがいたら鬱陶しいことこの上ないだろな〜、などと
思いつつも、見ているウチに、その……今時こんな表現もなんですが
……フフ……不覚にも……萌え……を感じちゃいましてね……。うん。
我ながら業が深い。

 ってか、こうしてみると麻生祐未って演技の幅が広いやね。
posted by H☆ at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28590286

この記事へのトラックバック